こんにちは、副院長のリュウクです。

 

今日は、スマートフォン、パソコンによる肩こりについてのお話を…。

 

近年、スマートフォンやパソコンの普及により爆発的に肩にこりを感じる人が増えております。

 

原因は、長時間同じ姿勢、ブルーライトの凝視が2大要素と考えております。

 

特にブルーライトは危険で目を疲れさせるだけでなく、女性の天敵である「シミ」の原因にもなります。

 

対策としては、レンズが大きいブルーライト対応レンズの入った眼鏡を装着するのが一番の対策です。

 

次に長時間同じ姿勢の対策は、ワキの下を伸ばすストレッチをすることです。通常、肩がこるとこっている部分を触りたくなりますがこれは残念ながら逆効果です。

 

ワキの下を伸ばすことで広背筋という腕から腰についている筋肉を伸ばすことが出来ます。この筋肉を伸ばすことで姿勢を少し良い状態に戻すことができます。

 

それでも変わらない場合は、直接指導しますので、是非当院へお越しください。

 

最後は院の宣伝になってしまうリュウクでした。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

1